2年・普通肌(マッサージ歴・肌質)

顔のマッサージは、もともと目の疲れをとるためにしていました。美容を意識しないでやっていたのですが、ここ2年くらいは美容も考慮してやっています。まゆげの少し上をよくもんでいます。これをすると目がすっきりします。血行がよくなるのか、それが目の周りの肌にも影響があるのかもしれません。ほうれい線を伸ばすようなマッサージもしています。これもとても気持ちがよく、しわが伸びるような気がします。寝る前にぬるま湯にひたしたタオルを目の上に置いて目を癒しています。目の疲れが取れて気持ちがいいです。こういうことがスキンケアにもいい影響をあたえているのではと思っています。強い力をかけないでやることが肝心です。強くもむと肌は傷みます。

お風呂でマッサージをするときは、白雪の詩という無添加せっけんを使っています。洗顔をするときに泡をよくたてて、顔全体に泡をつけてマッサージをします。お風呂以外のところでは、ニベアクリームや乳液をつけながらマッサージをします。素手でマッサージすると、指の摩擦で肌がいたみやすいですが、せっけんやクリームをつけると指の滑りがよくなりますから肌をいためません。お風呂でマッサージをしたあとで化粧水をつけると水分をよく吸収するので欠かせません。クリームや乳液をつけながらのマッサージも、ただ肌にいいだけでなく頭や目がすっきりして気持ちいいので続けられます。この”気持ちいい”という加減が大事です。やりすぎて肌をいためてしまわないていどの強さです。

目のケアのために目元はとくによくマッサージをするので、しわはあまりありません。二重のラインが乱れることもないです。これがマッサージの効果のひとつです。顔色がいいのもマッサージの効果だと思います。もともとそんなに顔色がよくないのですが、マッサージをするようになってからはよくなりました。自分でマッサージをするということは、自分の肌をよく触ることでもあるので、肌の変化にも気づきやすいです。かさつく日が続いたら基礎化粧品を変えてみようとか、そういうことに早く気づけるようになりました。これもマッサージの効果だと思います。マッサージが顔の血行をよくするので、これらの効果があるのだと思います。とはいえ私はシロウトなので、ちょっと間違えるとかえって肌にダメージをあたえてしまうという危険もあるので気を付けないといけないとも思っています。

15年・混合肌(マッサージ歴・肌質)

田中宥久子の造顔マッサージを続けています。DVD付きの本が出ているのでそれを参考にしていますが、特にDVDは見ながらやると時間や手順を間違えずにできるので助かっていました。今ではもう慣れているので観る必要はなくなりました。

15年ぐらい前に田中宥久子さんのトークショーがあったので行きました。そこでは直接マッサージの指導をしてもらえたり質問に答えてもらえたこともあり、DVDや本だけでは十分では理解しきれてない部分もあったので直接話が聞けてよかったです。

私は最初に肌の摩擦を気にして緩めにマッサージをしていたのですが、造顔マッサージの場合は結構力を入れて痛気持ちいいぐらいの強さで行うのが正しいようです。骨格と筋肉の流れにそって顔の老廃物を流していくイメージです。

目の周りなどは皮膚が薄いので少し力を抜き目にしたほうが良いと思いますが、おでこや頬骨の下あたりは結構力を入れてマッサージしたほうが、マッサージ後に顔のスッキリ感が全然違うように思いました。

マッサージ専用のくりーうを使わなくても、滑りの良くなるものであれば何でも良いと思います。私はジョンソン&ジョンソンのベビーオイルや油分の多いニベアクリームを使っています。

ただ、マッサージの後には一度洗顔して油分を洗い流して化粧水などのスキンケアをやるようにしています。顔に油分が残るとニキビなどの原因になってしまうからです。そして、クリームやオイルはたっぷり使うようにしています。そのためあまり高価なものではなく安くてたっぷり使えるベビーオイルやニベアクリームを使っているのです。ニベアクリームはそれだけで使うと少し硬いので、化粧水を混ぜるとするする指が動く柔らかさになります。

まず一番に目の周りの腫れぼったさやクマが取れて、次にあごのラインがスッキリしました。さらに肌のくすみがとれたように感じます。目の周りを円を描くようにマッサージすることで余計な水分が流れ、血行が良くなってクマが薄くなっているのだと思います。

フェイスラインを丁寧に流していくので顔全体のむくみがとれますが、特にあごのラインに顔全体の水分がたまりそうなので、デコルテまで流していくことであごのラインがくっきり見えてスッキリした印象に見えます。

マッサージをすることで肌の血流がよくなりくすみがとれました。マイナス面は、何年も毎日続けていると物足りなくなってしまうことです。もっと何か追加してやったほうが良いのではないかと思うこともありますが、過剰なケアは逆効果になることもあると思うので、余計なことはしないように心がけています。

あと、マッサージは両手で行いますが、どうしても聞き手のほうが力強かったりするので、力加減に差がでなように気を付けています。

マッサージをしてから頬の毛穴の角栓が減ったように思えます。小鼻がいまいちだったので、たぶんマッサージをしていた頬にその効果があったのではないかと思っています。それまでは毛穴シートパックなどでケアしていて後悔していたのですが、いろいろ調べていく中でオイルクレンジングを上手に使う方法があるとのことで、マッサージのときに利用してみたら効果が出ました。

上記オイルクレンジングによる毛穴角栓の取り方

ただマッサージは簡単なようで難しいなという印象があります。効果がないという人は、たぶんやり方が違うだけなんだと思います。みんな効果が早く出て欲しいと大雑把になったり、やりすぎたりがあるんじゃないでしょうか。

2年・敏感肌(マッサージ歴・肌質)

私はむくみがとにかくすごいので夜のスキンケアの時に、顔をマッサージしています。マッサージの仕方はまずは頬から首下にかけてゆっくりとリンパ線を通って鎖骨まで流します。次は小鼻の周りなど目の周りを優しく揉んで、こめかみをグッと押します。顔には色んなツボがあるので痛くない程度に押すと美肌効果もあります。後は小顔ローラーを使っています。夜眠る前や朝起きた時など気づいたらすぐやるようにしているのですが、小顔ローラーを使ってから顔が小さくなったね、とか痩せたねと言われるようになりました。顔に脂肪がついてる状態だと皆さん思っていますが、7割はむくみが原因です。むくみがあるせいで顔が大きく見えたり太って見えたりするのです。ただし小顔ローラーをする時はクリームなどを付けてするようにしています。クリームをつけ忘れてしてしまった時には肌が、カサついて良くない状態になりました^^;

私が使っているのは、ビーグレンというメーカーが販売しているクリームです。たるみとほうれい線が気になる方のために作られたマッサージクリームです。独自開発された「QuSomeフェイスリフトコンプレックス」という複合成分には5つの美容成分が配合されています。重力をコントロールするアセチルジペプチドー1セチル、コラーゲン機能を助けるデコリニル、ハリをもたらすクイックリフト、美肌成分であるシャクヤク根エキス、むくみに効くキュアパッションです。これらの成分が毎朝のマッサージで肌に浸透することにより、ハリのある引き締まった、そしてしっかりと保湿された潤いある肌へと仕上げてくれます。保湿成分が入っていないクリームは選ばないようにしています。顔に塗るものなので極力保湿力がないのは選ばないです。

まずはやはり頬が変わりました。マッサージする前は膨らんでいてむくんでいたのですが頬の肉が少し減ったような気がして今は自分の顔に、自信がモテるようになりました。肌質も常にモッチリしていて乾燥などもなく、しっとりとしています。ニキビも出来になくなりリンパマッサージの効果を実感しました。首が私は太いので細くなるようにマッサージしているのですが、なかなか細くなりにくくクリームを付けてもベタベタとしてあまり効果はないように感じられました。後は鼻があまり効果を感じられません。鼻はすごくデリケートな部分なので軽めにやってるんですが、何回もマッサージしすぎて痛くなったり鼻炎にもなると聞いたのであまり出来なかったです。小鼻になれる道具など欲しいなーと思いました。

6年・乾燥肌(マッサージ歴・肌質)

顔のむくみが酷い体質です。解消のため毎朝「かっさプレート」という器具を使い、マッサージしています。始めたきっかけは『魔法のかっさプレート−たるみが消える、しわがなくなる、きらめく肌になる!島田流かっさマッサージ』というムック本です。書店で見かけ、1500円程度の価格でプレートまで付いているお得感に惹かれて購入しました。この本ではかなりの力を掛けてリンパ液を流すよう書かれており、私もこれに従って、肌が赤くなる位の力でマッサージしています。特に法令線が始まる小鼻の横と、アゴの関節の部分は、かっさプレートを差し込むくらいの気持ちでグリグリ押します。顔だけでなく頭もマッサージし、リンパを流すのがポイントです。終わると血行が良くなり、顔と頭がホカホカして目が覚めた気分になります。今の所、「力を掛け過ぎて筋を傷めた…」といったようなトラブルはありません。

このマッサージは、とにかくかっさプレートの滑りが良くなくてはいけません。滑りが良くない状態で行えば、必ず肌を傷めてしまうと思います。このため私は、マッサージ時にオリーブオイルを使うようにしています。ブランドは日本薬局方の物です。とにかく量をたっぷり使う事が大切なので、どこのドラッグストアでも販売しており、且つ価格が安いこちらのブランドを愛用しています。以前、オリーブオイル以外のオイルを使った事があるのですが、マッサージの途中で肌に吸収されてしまい、かっさプレートを上手く滑らせる事ができませんでした。また普通のマッサージクリームを使った時も、同様の結果でダメでした。結局、オリーブオイルのように重いテクスチャーのオイルが、かっさを使ったマッサージには一番向いていると思います。

かっさプレートを初めて使った時、顔のむくみが一発で取れた事に驚きました。アゴのあたりのもたつきが取れ法令線も浅くなり、あまりの変化に驚いて、思わず自撮りしてしまった位です。以来、かっさによるマッサージを毎朝欠かさず行っていいますが、「特に効果があったな〜」と実感しているのは次の3点です。1.アゴがシャープになった。2.法令線が浅くなった。3.目の周りのもたつきが消え、目が大きくなった。始めた途端に顔が変わったので、マッサージの効果以外には考えられません。また始めて2年くらい経つうちに、1〜3の効果の持続時間が長くなり定着するようになりました。朝のむくみも昔に比べ大分軽くなっています。但しかなり強い力でマッサージするため、肝斑には良くないようです。頬骨にうっすら浮かぶ肝斑が、今の悩みの種です。

2年・乾燥肌(マッサージ歴・肌質)

ミノンアミノモイストのオリジナル表情筋&リンパマッサージを参考に、時間のない日は手順を省略したりして簡単にやっています。コツは特にないですが、始めたときは気合を入れすぎていたのか押す力が強かったようでマッサージの翌日に顔がひりひりして痛くなることが時々ありました。現在は極力優しく、あまり肌に負担をかけないように軽いタッチでマッサージをしています。また、お風呂上りにマッサージをすることが多いのでお風呂から出る前に蒸しタオルを作って数分間顔にのせておくと顔の皮膚が柔らかくなって効果が出やすくなるような気がします。その分、マッサージもソフトタッチを心がけています。

ミノンアミノモイストのマッサージクリームを使用しています。クリームの硬さがちょうどよく、肌にもよくなじみます。使っていて肌がだんだん柔らかくなってくる、ような感じがあり使用感がとても良いです。ミノンは少し高いので、以前ニベア青缶がいいと聞いて代用にならないか試してみたこともありました。結果、クリームが硬すぎて肌に伸びず、あまりなじんだ感じが得られませんでした。さらに私の肌に合わなかったのかニキビができてしまったのでそれ以来使用していません。また無印のアーモンドオイルも試してみたことがありますが、やはりこちらもニキビができてしまったため使用を断念しました。顔以外の使用なら問題ないため、敏感肌の方は肌に優しいブランドを選ぶのが近道かもしれません。

マッサージを始めて顔のむくみが取れたのか、顔が小さくなったと言われるようになりました。自分でも少し小さくなったかな?と思うことがあるので、一回りくらい小さくなっているのかもしれません。自分で一番実感しているのは、首周辺のたるみが気にならなくなったことです。以前は太っているわけでもないのに顎や首筋にしわがあったりたるんでいたりして気になっていましたが、マッサージでかなり改善された気がします。また、リンパを流すためか顔色もよくなり、チークをベタ塗りしなくても顔色が良くなりました。マイナス面はやはり手間とお金がかかることです。安いクリームで代わりに使えるものがあったらよかったのですが、私の肌は敏感で安い物が使えなかったためそれなりにお金がかかります。ニベアなどが使える方ならもう少し安上がりになると思います。

半年・乾燥肌(マッサージ歴・肌質)

今年の冬ごろから、口元のシワや顔の輪郭がボンヤリしてきたのが、目立つようになりショックを受けてました。そこでマッサージをして少しでもシワの溝を浅くし顔の輪郭もクッキリとさせたいと思いはじめました。手順はクリームやオリーブオイルを適量手に取り顎から耳の下辺りまで塗っておきます。両手をグーッと握りしめた手で顎をつかむようにして挟みます。そのまま顎下のクボミを5秒程押さえてます。そのまま、握りしめたままの両手を左右にを耳の下まで動かします。顎の輪郭に沿って親指の腹で押していくような感じでマッサージしていきます。最後に親指を立てて翳風という耳の後ろにあるツボを押します。痛みを感じるツボなのでゆっくりと力を入れます。もう一つの方法は、クリームかオイルを口の周りにつけて、口の真横に中指と薬指をあて5秒程押さえそのまま、耳の横に向けてゆっくりと指をずらしながら筋肉を持ち上げ耳の少し手前のクボミで手を止めます。このマッサージを三回繰り返します。この方法は中医アロマセラピストの有藤美香さんの「中医アロマ」という本を参考にしてやっています。特にトラブルはありませんが肌が敏感になっている時は一時的にしないようにしています。

マッサージする時は、資生堂のドルックスクレンジングクリームか、ALOVIVIというブランドのエキストラバージンオリーブオイルを使っています。マッサージに使用する化粧品に求められる条件は、滑りの良さだと思います。滑りが悪いと肌への摩擦が生じますので、マッサージすることが肌への負荷となり逆効果になることもあります。また、手ごろな価格で容量が多いということも条件になります。マッサージに使うクリームやオイルの量が少ないと滑りが悪くなるからです。高価なマッサージクリームを使うとなると思い切って沢山使えなくなるので、価格が手ごろで量が多いというのは化粧品を選択する上では欠かせないポイントになります。夏場は暑いのでクリームやオイルではなくて、オールインワンジェルで試したこともありますが、滑りが思ったよりも良くなかっので止めました。

何となくではありますが、顎のフェイスラインがスッキリとしてきました。口元のシワも最初よりもシワの溝が浅くなってきたと実感しています。口元の口角も以前よりも上がったと思います。マッサージをする前の写真と最近撮った写真をは比較すると今の顔の方が引き締まり、若干ではありますが若々しく見えます。夜疲れていたりして二日ほどマッサージをサボると、顔に締まりが無くなってきますので、マッサージを続けるという習慣がプレッシャーになることもあります。しかし、毎日の小さな努力の積み重ねが、自分の為になると思えるので、できる限り続けていこうと思っています。サロンへ週一とか通ってやってもらうとしたら時間もお金もかかりますし、自宅で何もしなければ効果も持続できません。マッサージの効果を持続させたいと思うのならば、継続してやっていくしかないと考えています。できるだけシンプルな方法が続けていくポイントになると思います。

3年乾燥肌(マッサージ歴・肌質)

顔のリンパを意識して、マッサージしながら、顔のむくみやリンパを流すイメージで行います。クリームやオイルをたっぷり使って、ユーチューブで見た、田中宥久子先生の小顔リンパマッサージと、アイドルでありユーチューバーの吉田あかりさんの動画を参考にマッサージをしています。はじめのころ、強くマッサージしすぎて肌がカサカサになったり、赤みが残ったりしてしまったのですが今は力加減の自分のちょうどいい強さを見つけて、気持ち良くむくみもとれるマッサージができています。

わたしがマッサージのときに使っているのは、ベビーオイルと、キールズのスーパークリーム、キュレルの乳液などを使っています。オイルは最も滑りが良く、マッサージしやすい感じがいますが、私終わった後の肌の感じがあまり好みではないので、クリームや乳液を使うことが多いです。クリームは、比較的伸びの良いものを選ぶのが条件だと思います。有名なニベアクリームをマッサージに使った時は、クリーム自体が硬いので少しベタついてマッサージしづらい感じがありました。キールズのスーパークリームは、香りも良くてマッサージしながらリラックスすることができますし、マッサージのためにたくさんつけても、水っぽ過ぎないので肌にしっかりと馴染むところはお気に入りです。

マッサージをして1番に感じた事は、顔のむくみの軽減です。朝起きて、洗顔をした後にスキンケアをするだけではなくクリームを塗りながらリンパを流すようにマッサージするだけで寝起きの顔がすっきりするように感じます。また、クリームをしっかりと乗り込むことになるので質感もモチモチとした感じになります。その後にするメイクのノリも良くなる効果を感じています。しかし、季節の変わり目や花粉の時期など、肌が敏感になっている時はマッサージによって皮膚がカサカサしてしまうことがあるので、しかし、季節の変わり目や花粉の時期など、肌が敏感になっているときはマッサージによって皮膚がカサカサしてしまうことがあるので、その点はしっかりと肌の状態を確認してからする必要があると思います

3年・敏感肌(マッサージ歴・肌質)

私が一番続けられた顔のマッサージは、リンパマッサージです。方法は、両手の親指をあごの下に置き、添えるようにしてあごの上には人差し指の第二関節を置きます。そして、軽く力を入れてぐいっと押します。どちらかというと親指メインに力を入れます。そして、あごの骨に沿って、耳の下まで4点ほど少しづつずらしながら、同じようにプッシュしていきます。それを三回ずつ繰り返します。そして次はまた同じように挟み、あご下から耳下まで指をすべらせます。この時も適度な力を入れます。そして最後に、耳裏のツボを押してリンパを流すというマッサージを続けました。このマッサージは、動画を見て行いました。最初は気合いを入れ過ぎてしまい、力を強くし過ぎました。そのためしばらく赤くなってしまったので、力をもう少しゆるめてやると、赤みは出ませんでした。

私は、マッサージの際オルビスのを使いました。特別マッサージ用のクリームというわけではないのですが、敏感肌の私はななか合うクリームがないので、その中でぴったりと私の肌に合うを使いました。マッサージ時にいいなと思うクリームは、保湿力があり、なによりも伸びが良い方がマッサージがしやすいです。また、私がもし肌が荒れにくい肌質だったら、せっかくマッサージする際なので、小顔になりやすい引き締め効果のあるクリームを選びます。あくまでも摩擦は肌に負担がかかってしまうので、摩擦の起こらないようにクリームはたっぷりと塗ることがコツです。さらさらタイプかしっとりタイプかは、好みで選べばいいと思います。

マッサージを続けて1週間ほどで見た目に変化が起こりました。それは、まず一番はヘェイスラインのたるみがなくなり、すっきりとしたことです。リンパマッサージによりリンパの流れがよくなったため、むくみがとれたのだと思います。フェイスラインがすっきりすると同時に、頬のむくみも取れ、すっきりしました。そのため、一週間ほど経ったころからは、体重は変わっていないのにむくみがとれたことにより痩せたねとよく言われるようになりました。むくみをとるのがこんなに大事だとは思いませんでした。また、目元のマッサージにより、少し目尻の小ジワがましになったように感じます。血行促進されたことによって、化粧ノリがよくなったのも嬉しく思います。特にデメリットはなかったです。

5年・敏感肌(マッサージ歴・肌質)

私は特に手順などを気にしたことはありませんが、なるべく夜寝る前には必ずマッサージをしています。また、仕事で時間が空いた時とかにもしております。夜のマッサージは基本洗顔前にしています。私は美顔ローラーなどの商品を使っていまして、ローラーが汚れていたら肌に悪いと思い、マッサージ後には必ず顔を洗います。マッサージのコツは特に特別なことをしていなく、美顔ローラーを顔の下の方から上に向けて、たるみの逆方向に向けてマッサージしています。以前テレビ番組でローラーの使い方を紹介していたのを参考にしております。(テレビ番組の名前は覚えてません)また、指で頬骨のところを上に上げるようにマッサージをすると、ほうれい線が目立たなくなると聞いたこともありまして、隙間時間になるべく頬骨をマッサージするようにしております。

マッサージの時に使用する化粧品には特に気にしたことはありません。私は基本fanclの商品を使っておりまして、オイル系はニキビになりやすいのでなるべく使わないようにしております。また、私は洗顔前にマッサージをするので、顔が汚い状態でマッサージをしております。個人的にな意見ですが、マッサージオイルなどを使うと逆にマッサージしにくくなると思います。マッサージ後の化粧品でしたら、保湿やシワ対策効果のある普通のスキンケア商品で十分だと思います。

マッサージをして一番目立った変化はほうれい線です。私は親の遺伝が原因で、まだ20代後半なのにほうれい線がすごく目立ちます。テレビ番組で見たほうれい線対策のマッサージと美顔ローラーを毎日使い続けたことでほうれい線が少し薄くなってきました。昔撮った写真と比べると一目瞭然です。マッサージのおかげだと思います。肌質ですが、私は昔から肌が綺麗な方でしたので、あまり目立った変化はないと思います。ですが、5年前と同じ肌質ですので、多分マッサージのお陰で良い肌を維持しているのだと思います。これは私が以前よりも痩せたからかもしれませんが、顔が昔より少々小さくなった気がします。もちろん全体的に痩せたことがその理由の可能性もありますが、私のまわるの方々も「ローラーでマッサージしたら顔が小さくなった」とおっしゃっていましたので、効果はあると思います。

9年・普通肌(マッサージ歴・肌質)

まず、顎の下から耳にかけてリンパを押し流します。特に耳の下にリンパ節があるのでググっと入れ込みます。3回ほど繰り返します。次に、眉間、こめかみ、小鼻の横、頬骨下、眉山をプッシュ。プッシュする指は人差し指か、もしくは人差し指を曲げて関節の骨を利用して指圧するように押します。その後は、指の腹を使って軽擦マッサージをしていきます。〈順番と方向〉あごから耳の下、口横から耳の下、小鼻からこめかみ、目の下を内側から外側に、眉頭から眉尻、おでこを下から上へ2回ずつ流します。撫でるときは、リンパが流れている感覚を気持ちよく感じながら行います。方向を逆にするとシワとたるみの原因になるので、注意です。疲れてるときは指圧の時間を長めにするといいです。

すべりがよく、潤いがあるものを使用します。すぐに肌に吸収されてしまうと、マッサージしにくいので、オイル配合のものがいいです。もしくは、ホホバオイルやベビーオイルを買って、それを少しとり、マッサージしてもいいですが、オイルは髪の生え際につくと髪がベタッとしてしまうため、少し扱いづらいかもしれません。マッサージクリームは、商品名に「マッサージクリーム」と明記されてるものがいいです。もしくは、説明に「マッサージクリームとしても使用可能」など。ちふれのマッサージクリームは安価で、使いやすくておすすめです。安価なため、マッサージをたっぷり使えるので毎日手軽に行えます。あまりに高価なものだと、少しずつ不足気味に使ってしまったり、高くて継続できないこともあるので、生活の一部になるように自分の中で妥協できる予算で探すといいでしょう。マッサージの基本は、血流促進なのですから。

?顔のむくみが消えます。これはその場でわかります。マッサージ前後で写真をとっても分かるくらいに、フェイスラインが変わるのと、目鼻立ちがすっきりするので、少し痩せた印象になります。?顔が軽いまばたきや眉毛を上にあげたり、口を「い」の形で強く頬を動かしたりするとよくわかります。軽さに感動しました。マッサージを行うことで、筋肉の凝りがなくなり、緩むので表情筋が動かしやすくなります。?ほうれい線が目立たなくなる頬の老廃物が流れて、ほうれい線の外側にあったもっこりした固まりがなくなってきたら、ほうれい線が目立たなくなりました。これは、マッサージを行う初日にはかんじませんでしたが、毎日続けてだんだん顔が柔らかくなり、むくまなくなり、そして継続して3ヶ月経った今、確実にほうれい線の溝が浅くなりました。