15年・混合肌(マッサージ歴・肌質)

田中宥久子の造顔マッサージを続けています。DVD付きの本が出ているのでそれを参考にしていますが、特にDVDは見ながらやると時間や手順を間違えずにできるので助かっていました。今ではもう慣れているので観る必要はなくなりました。

15年ぐらい前に田中宥久子さんのトークショーがあったので行きました。そこでは直接マッサージの指導をしてもらえたり質問に答えてもらえたこともあり、DVDや本だけでは十分では理解しきれてない部分もあったので直接話が聞けてよかったです。

私は最初に肌の摩擦を気にして緩めにマッサージをしていたのですが、造顔マッサージの場合は結構力を入れて痛気持ちいいぐらいの強さで行うのが正しいようです。骨格と筋肉の流れにそって顔の老廃物を流していくイメージです。

目の周りなどは皮膚が薄いので少し力を抜き目にしたほうが良いと思いますが、おでこや頬骨の下あたりは結構力を入れてマッサージしたほうが、マッサージ後に顔のスッキリ感が全然違うように思いました。

マッサージ専用のくりーうを使わなくても、滑りの良くなるものであれば何でも良いと思います。私はジョンソン&ジョンソンのベビーオイルや油分の多いニベアクリームを使っています。

ただ、マッサージの後には一度洗顔して油分を洗い流して化粧水などのスキンケアをやるようにしています。顔に油分が残るとニキビなどの原因になってしまうからです。そして、クリームやオイルはたっぷり使うようにしています。そのためあまり高価なものではなく安くてたっぷり使えるベビーオイルやニベアクリームを使っているのです。ニベアクリームはそれだけで使うと少し硬いので、化粧水を混ぜるとするする指が動く柔らかさになります。

まず一番に目の周りの腫れぼったさやクマが取れて、次にあごのラインがスッキリしました。さらに肌のくすみがとれたように感じます。目の周りを円を描くようにマッサージすることで余計な水分が流れ、血行が良くなってクマが薄くなっているのだと思います。

フェイスラインを丁寧に流していくので顔全体のむくみがとれますが、特にあごのラインに顔全体の水分がたまりそうなので、デコルテまで流していくことであごのラインがくっきり見えてスッキリした印象に見えます。

マッサージをすることで肌の血流がよくなりくすみがとれました。マイナス面は、何年も毎日続けていると物足りなくなってしまうことです。もっと何か追加してやったほうが良いのではないかと思うこともありますが、過剰なケアは逆効果になることもあると思うので、余計なことはしないように心がけています。

あと、マッサージは両手で行いますが、どうしても聞き手のほうが力強かったりするので、力加減に差がでなように気を付けています。

マッサージをしてから頬の毛穴の角栓が減ったように思えます。小鼻がいまいちだったので、たぶんマッサージをしていた頬にその効果があったのではないかと思っています。それまでは毛穴シートパックなどでケアしていて後悔していたのですが、いろいろ調べていく中でオイルクレンジングを上手に使う方法があるとのことで、マッサージのときに利用してみたら効果が出ました。

上記オイルクレンジングによる毛穴角栓の取り方

ただマッサージは簡単なようで難しいなという印象があります。効果がないという人は、たぶんやり方が違うだけなんだと思います。みんな効果が早く出て欲しいと大雑把になったり、やりすぎたりがあるんじゃないでしょうか。