9年・普通肌(マッサージ歴・肌質)

まず、顎の下から耳にかけてリンパを押し流します。特に耳の下にリンパ節があるのでググっと入れ込みます。3回ほど繰り返します。次に、眉間、こめかみ、小鼻の横、頬骨下、眉山をプッシュ。プッシュする指は人差し指か、もしくは人差し指を曲げて関節の骨を利用して指圧するように押します。その後は、指の腹を使って軽擦マッサージをしていきます。〈順番と方向〉あごから耳の下、口横から耳の下、小鼻からこめかみ、目の下を内側から外側に、眉頭から眉尻、おでこを下から上へ2回ずつ流します。撫でるときは、リンパが流れている感覚を気持ちよく感じながら行います。方向を逆にするとシワとたるみの原因になるので、注意です。疲れてるときは指圧の時間を長めにするといいです。

すべりがよく、潤いがあるものを使用します。すぐに肌に吸収されてしまうと、マッサージしにくいので、オイル配合のものがいいです。もしくは、ホホバオイルやベビーオイルを買って、それを少しとり、マッサージしてもいいですが、オイルは髪の生え際につくと髪がベタッとしてしまうため、少し扱いづらいかもしれません。マッサージクリームは、商品名に「マッサージクリーム」と明記されてるものがいいです。もしくは、説明に「マッサージクリームとしても使用可能」など。ちふれのマッサージクリームは安価で、使いやすくておすすめです。安価なため、マッサージをたっぷり使えるので毎日手軽に行えます。あまりに高価なものだと、少しずつ不足気味に使ってしまったり、高くて継続できないこともあるので、生活の一部になるように自分の中で妥協できる予算で探すといいでしょう。マッサージの基本は、血流促進なのですから。

?顔のむくみが消えます。これはその場でわかります。マッサージ前後で写真をとっても分かるくらいに、フェイスラインが変わるのと、目鼻立ちがすっきりするので、少し痩せた印象になります。?顔が軽いまばたきや眉毛を上にあげたり、口を「い」の形で強く頬を動かしたりするとよくわかります。軽さに感動しました。マッサージを行うことで、筋肉の凝りがなくなり、緩むので表情筋が動かしやすくなります。?ほうれい線が目立たなくなる頬の老廃物が流れて、ほうれい線の外側にあったもっこりした固まりがなくなってきたら、ほうれい線が目立たなくなりました。これは、マッサージを行う初日にはかんじませんでしたが、毎日続けてだんだん顔が柔らかくなり、むくまなくなり、そして継続して3ヶ月経った今、確実にほうれい線の溝が浅くなりました。