3年・敏感肌(マッサージ歴・肌質)

私が一番続けられた顔のマッサージは、リンパマッサージです。方法は、両手の親指をあごの下に置き、添えるようにしてあごの上には人差し指の第二関節を置きます。そして、軽く力を入れてぐいっと押します。どちらかというと親指メインに力を入れます。そして、あごの骨に沿って、耳の下まで4点ほど少しづつずらしながら、同じようにプッシュしていきます。それを三回ずつ繰り返します。そして次はまた同じように挟み、あご下から耳下まで指をすべらせます。この時も適度な力を入れます。そして最後に、耳裏のツボを押してリンパを流すというマッサージを続けました。このマッサージは、動画を見て行いました。最初は気合いを入れ過ぎてしまい、力を強くし過ぎました。そのためしばらく赤くなってしまったので、力をもう少しゆるめてやると、赤みは出ませんでした。

私は、マッサージの際オルビスのを使いました。特別マッサージ用のクリームというわけではないのですが、敏感肌の私はななか合うクリームがないので、その中でぴったりと私の肌に合うを使いました。マッサージ時にいいなと思うクリームは、保湿力があり、なによりも伸びが良い方がマッサージがしやすいです。また、私がもし肌が荒れにくい肌質だったら、せっかくマッサージする際なので、小顔になりやすい引き締め効果のあるクリームを選びます。あくまでも摩擦は肌に負担がかかってしまうので、摩擦の起こらないようにクリームはたっぷりと塗ることがコツです。さらさらタイプかしっとりタイプかは、好みで選べばいいと思います。

マッサージを続けて1週間ほどで見た目に変化が起こりました。それは、まず一番はヘェイスラインのたるみがなくなり、すっきりとしたことです。リンパマッサージによりリンパの流れがよくなったため、むくみがとれたのだと思います。フェイスラインがすっきりすると同時に、頬のむくみも取れ、すっきりしました。そのため、一週間ほど経ったころからは、体重は変わっていないのにむくみがとれたことにより痩せたねとよく言われるようになりました。むくみをとるのがこんなに大事だとは思いませんでした。また、目元のマッサージにより、少し目尻の小ジワがましになったように感じます。血行促進されたことによって、化粧ノリがよくなったのも嬉しく思います。特にデメリットはなかったです。